ハウスメーカーと工務店の違いを押さえよう!

ハウスメーカーの特徴を知ろう!

注文住宅を建てるとき、ハウスメーカーと工務店とどちらの業者のタイプを選べばいいのかと悩むことはありませんか?あとから違うタイプの業者にすればよかったと思うことがないように、各業者のタイプの違いを知り、相性の合う業者を選ぶようにしましょう。ハウスメーカーの注文住宅の特徴は、土地探しから家の設計、工事や完成後のアフターフォローまで、一貫したサービスを提供しているところです。建材や施工、職人の技術にいたるまで、品質が均一で安定した高品質な注文住宅を建てることができます。ハウスメーカーは、設計から施工までの流れがシステム化されていて、効率的に工事をすすめることができるため、短期間で家を完成させることが可能です。

工務店の特徴について

工務店は注文住宅の設計から施工、アフターフォローまでの全てを任せることができる業者と、施工とアフターサービスのみを依頼できる業者があります。後者の場合、家の設計は別の設計事務所に頼むことになります。工務店の特徴は、施工上の制約が少ないため、家造りの自由度が高いところです。狭くて複雑な土地でも、快適でデザインの良い家を建てることも可能です。そして地域密着型の業者が多く、施工開始からの設計プランの変更の際も、融通が効きやすいです。工務店の場合、業者によってデザインや職人の技術に差がある場合も多いので注意が必要です。現場見学会へ足を運ぶなど、実際に各工務店が建築した家を見に行き、品質の良悪を確かめてから依頼先を決めることが大切です。

「建売住宅」は、不動産会社等が土地と建物をセットで販売している住宅のことです。建築済みの住宅が多くなります。「分譲住宅」とは異なり、住宅街の中で一軒毎に販売されていることが特徴です。